2010年12月05日

悔しいハナ差

 中央復帰がかかっていただけに悔しい結果となった。やっぱりスタートが…もう少しなんとかならなかな。そうすれば、楽な競馬ができるはずなのだが…。

 ということで、一般戦にもどり12月4日(金)名古屋7RサラC3組(ダート1400m)に1枠1番で出走した。馬体重はさらに増えて517キロ、調子は良かったようだが、やはりスタートはよろしくない。なんとか5番手から競馬となったが、逃げた馬のペースで先頭は楽。3コーナーからまくっていって直線一端は交わしたが、ゴール直前で差し替えされ「ハナ差」で負けた。

 出資馬でハナ差で負けたのは本当に悔しく、馬券を買っているとき以上のものがある。
 これも競馬、仕方ないのだが、本当に残念。

 適距離でない1400m戦、得意でないダート戦だけに頑張ってくれてはいるし、騎手も4戦目に騎乗だに自分のベストは尽くしてくれているとは思う。あとほしいのは結果だけだ。勝てないと次への扉は開かれない。

 それにしても懸念しているスタートは調教の仕方や騎手の技量によりましになるかもしれないが、とにかく馬自身の気性的なものもあるのだろう。一向に良くならないのは歯がゆい。

 次走、調教師は変則開催で次週も名古屋開催になるので連闘を考えるとのこと(通常は笠松と交互に開催)。ということは、次で決められないとちょっとお休みということにもなりそうだ。もし出走するなら今度こそ次で決めて欲しい。
posted by ふぁんとむ at 18:33| Comment(0) | 愛馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。