2010年07月12日

セレクトセール2010 1日目

 数々の実績を上げてきたセレクトセール出身馬だが、今年の上場馬がデビュー後に今までのような成績を上げられるのか試金石となりそうだ。3日間開催が2日間になっただけでなく、上場馬もリストだけ見ると様変わりしている。

 今年のセレクトセールは様相が変わった。2日間開催になったこともあるが、一番大きいのは上場されている馬の血統レベルが下がったことだ。

 クラブに出してくる8,000万〜1億円超にあたる超A級馬がほとんど上場されていない。なにしろ、社台グループが生産しているディープインパクトの産駒数からすると出してきている数が少ない。

 これは、某ブログではダーレーの動きを警戒してのものとあるが、まあそうなのだろう。金子氏や近藤氏、近年購買が目立つ野田氏や島川氏なら社台グループの話しに乗って引退後は牧場に返すような契約も飲んでくれるであろうが、ダーレーが買ったら育成も自分でやるし、第一引退したら自分の牧場に入れるのは自明だ。言わば、社台グループが続けてきたシステムである「セリで売却→育成も自分のところ→引退後は戻ってる」というこの繰り返しで育成ノウハウと血統を蓄積してきたしくみが、崩壊してしまうのだ。


 1日目の結果を見ると上記の事柄を如実に反映したものとなった。最多落札価格帯は1,000万円台で5,000万を超えた馬はわずかに5頭そのうち4頭はディープインパクト産駒だった。最高落札額は金子真人HDが落札したアイルドフランスの2009(父ディープインパクト)で6,600万だった。

 売却率は昨年より上がったようだが、昨年の最高落札額が1億4,500万円だったことことからも今年の上場馬たちが例年より小粒だったことは明らかだ。

 1000万円で落札されていたナカヤマフェスタが宝塚記念を制覇したように、今年のセレクトセール出身馬の血統レベルが明らかに下がろうが、上々されている馬の質が本当に「セレクト」されたものであれば、このセール出身馬がGTや重賞を賑わす時代が過ぎ去るというほど落ち込むこともないだろう。

 それにしても、クラブで募集されるレベルの血統がそこでの募集価格水準よりかなり安い水準で楽されるのを見ると複雑な気分だ。(出資から撤退するにしても)

 新興の馬主さんの入門がセレクトセールで、社台グループの本当のお得意さんは庭先取引という水面下で本当のお宝を手に入れる時代になってきたようだ。


 まだ明日2日目に当歳馬のセリがあるが、こちらも1億円を超える馬は1頭いるかいないかだろう。これからは超良血はまた、庭先取引>セレクトセールという流れになるのだろう。
posted by ふぁんとむ at 23:52| Comment(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。