2009年09月23日

タイムパラドックス、今年の種付け数

 9月前後は各スタリオン、スタッドから繋養種牡馬の種付け数が発表される季節ですが、社台SSやタイムパラドックスのいるビッグレッドファームからも既に発表されています。

 日本の競馬界の中心となる社台SSは、今年も総種付け数が繋養種牡馬33頭で4,020頭ということになりました。そのうち200頭越えはネオユニヴァース・クロフネ・シンボリクリスエス・フジキセキの4頭でした。

 今年は種付けシーズン後にアグネスタキオンが亡くなるという悲しい出来事もありましたが、亡くなった原因として200頭を越える種付けの負担などとも言われています。

 技術の向上でたくさん種付けできることは、種馬場の利益に寄与するのは当然としても馬に負担がかかりすぎるのはどうかと思います。実際の原因ははっきりしていないようですが、優秀な血統が早くに絶たれることのないように努力していただければと思います。
続きを読む
posted by ふぁんとむ at 08:47| Comment(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

今週の近況(9月第3週)

 現役馬は、皆放牧中・育成中で稼働馬がいなくなってしまったため、キャロットの募集時期でもありながら、競馬から遠ざかりぎみです。ということで2週間ぶりの更新ですあせあせ(飛び散る汗)続きを読む
posted by ふぁんとむ at 12:47| Comment(0) | 愛馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

今週の近況(9月第1週)

 もう9月になってしまいました。3歳未勝利馬にとってはもうほとんど時間がありません。出資馬アルウェットは運良く調子が良いときにリーディング上位騎手の好騎乗で1勝できて現役を続けることができていますが、いろいろなモノがかみ合わなければ、近2走を考えるともしかしたら勝ち上がれていなかったかもしれないと思うとぞっとしてしまう今日この頃です。

 毎年この時期の3歳馬を見ていると感じることですが、意外な馬が勝ち上がっていたり、期待の高かった馬が未勝利で終わったり、あるいは勝ち星を重ねてこの秋に躍進するかもという馬が故障で引退を余儀なくされたり、本当に順調にいくということがいかに難しいものか特に如実に知らされる時期です。
続きを読む
posted by ふぁんとむ at 14:19| Comment(0) | 愛馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。